毎日憂鬱な不調はどうして続くの?

不調

最近体の不調を訴えている人が多くいます。
「これは病気なの?」と半信半疑で病院に行くと、「なんでもありませんね」と言われてしまうような体の不調
でもどうにもならない症状を感じながら生活している人がいます。

 

  • 体がだるい
  • 頭痛やめまいがする
  • 食欲がない
  • 表情がない
  • すぐにキレやすい
  • 肌にハリやつやがなくなった
  • 吐き気
  • 多汗
  • 手のしびれ
  • 体力に低下に伴う動悸・息切れ
  • 極度の冷え
  • 肩こり・腰痛
  • 熟睡できない

 

などまだほかにも体の不調として頭を悩ましている不快な症状はあります。
これらの症状を含む不快と感じる症状が毎日を憂鬱にしてしまう・・・なんて生活を送っていませんか?

 

自律神経失調症に悩む

これらの不調と感じる症状が起きるには原因があります。
もちろん中にはしっかりとした病名がつくようなものもありますが、ずっと続くような症状であったりするものの原因の一つとして考えられているのが自律神経の乱れです。
この言葉、耳にしたことはありませんか?

 

現在では自律神経失調症として簡単に片づけられてしまうこともあるようです。
でも実は自律神経失調症というのは病名ではないとされています。
いわゆる一つの症状としてとらえるべきことであり、中には病院に行くと「自律神経失調症なんて病気はないよ」といわれてしまうことがあるようです。
ですが人間の心理として病名としてとらえるほうが治療目的が明確にわかり良いとされています。
逆に病名ではないことで定義や概念が定まっていないため慢性的な不調が続くことで自律神経失調症と診断されてしまうことも多いようです。

 

この症状は部位によってあらわれる症状が違ったり、関係してくる病気もいくつかに分かれてきます。
部位別にみると頭の場合は頭痛や頭が重いなど、全身では体の嫌悪感や疲れやすい、フラフラするなどがあります。
これらの症状に深く関係してくる病気が更年期障害メニエールといったよく耳にする病気と診断されることが多いのです。
※40代後半になる頃にはこのような症状が見られることがあります。
毎日の忙しさに実は更年期障害だったということもあります。
⇒更年期障害について詳しくはこちら

 

自律神経失調症でだるい

自律神経失調症の症状があらわれたことは明らかに体の不調がどこかの部位に出ているということなのです。
ひどい症状がみられるときには仕事に行けなくなる、学校に行けなくなるといったことをはじめ、何事にもやる気力がなくなってしまいます。
このように自律神経が深く関係している不調と現代社会の私たちは上手に付き合っていかなくてはならないのです。

 

うつ病と自律神経失調症とは違う病気って本当?

よくこの2つの病気は同じものとして混同される場合がありますが違う病気であることを知っていましたか?
2つともに共通しているのは引き起こされる原因としてストレスが関係しているという点です。
ストレスによって引き起こされ、自律神経のバランスが乱れると発症して、体に表れるのが自律神経失調症です。
同じようにストレスによって引き起こされ、脳内の神経伝達物質の減少によって体にもそして心にも表れてしまうのがうつ病です。

 

健康である体からストレスによって自律神経失調症となり体に何かしらの症状が表れます。
そのままストレスがかかり続けるとうつ状態になり、結果心(感情)までもがコントロールできない症状が表れるのがうつ病なのです。

 

自律神経とは一体どんな働きをする?

私たち人間には多くの神経があります。
大きく分けると2つで中枢神経と末梢神経があります。
この末梢神経の中に自律神経というものがあるのです。
ではまずはじめに自律神経というものがいったいどんな役割をしているのかみていきましょう。

 

私たち人間の体は全身くまなく指先から足先まで神経がはりめぐらされています。
その神経の一つに「自律神経」というものがあります。

 

自律神経の働きとしては私たちが普段何気なくしているなかで仕組みとして自然に調整している働きがあります。
自分で動かそうと思っても動かせない動作や活動ってありますよね。
胃腸を自分で動かしてみる、血液を流してみる・・・これらは意識して行っているものではありません。
これらは自律神経が働いているからこそ起きる現象なのです。
だからこそ自律神経は24時間働き続けているのです。
睡眠の時の呼吸や血液を流すなど当たり前である仕組みですが、これらの仕組みがあるからこそ私たち人間は何気ない生活ができているのです。

 

 

そんな自律神経にはある2種類の神経がバランスよく働くことによって成り立っている神経なのです。
その2種類の神経が
交感神経
副交感神経
と言われる神経です。

 

神経のバランス

交感神経とは昼間に身体を活動させているときに活発に働く神経です。
逆に副交感神経睡眠時や安静にしているときなど夜に活発になるのです。
人間の体はこの昼間活発に働いた交感神経を夜になったら副交感神経と交代することによって休ませてあげ、体をもとの元気な身体に戻してあげるという仕組みになっています。
毎日これを繰り返しているのです。

 

健康な人はこの交感神経と副交感神経のバランスがとれています。
およそ12時間で交代で交感神経と副交感神経の優位が入れ替わりをします。

 

ですがこの2つの神経のバランスがくずれてしまうと何だかよくわからない不調に悩まされてしまうのです。
普通だったら一時的なものとして体力回復とともに元の身体の状態に戻るのが健康といえるのですが、このバランスの崩れ=自律神経の乱れによって自分の自然治癒力がうしなわれ、だらだらと不調が続いてしまうのです。
そしてその不調の症状を自律神経失調症とされてしまうのです。
その大きな理由が「ストレス」といえるのです。

 

交感神経が働いているときは副交感神経が働かないというわけではありません。
緊張している状態やプレッシャーなどを感じている人は特に交感神経が過敏に働いているといえます。
また性格でも気にする人、気にしない人では交感神経の働いている%が高いのです。
つまり交感神経ばかりが働いてしまう%や時間が長いことで副交感神経が働けなくなって十分に体を回復・修復することが不可能になり不調へとつながっていくのです。
交感神経が優位に働く状態が続くといわゆるストレスが大きく関係してくるのです。

 

自律神経の乱れ、原因の一つはストレス?!

現代の私たちにはストレスがさまざまな環境にあります。
例えば人間関係のストレス、上司からのストレス、ノルマのストレス、騒音のストレス、臭いのストレス・寒暖のストレスなどほかにも多くのストレスとなる要因があります。
我慢も大きなストレスといえるでしょう。
そのストレスによって身体の不調をはじめ病気の原因の一つになっているのは間違いありません。
副交感神経が十分に働けないのですから体が元気になるほうへ向くのは困難でしょう。

 

ストレスは身体の内側からも外側からもかかっているのです。
身体の内側というのは主に精神的なものが多くあるでしょう。
例えば会社での人間関係、学校での友人関係など、また自分の気持ちに深く関係しているのが内側にかかるストレスと言えます。
人間関係でも苦手な人がいるがその人と関わらなくてはならない・・・などというプレッシャーをはじめ、上司にガミガミいわれるなどといったのもストレスの一つと考えられます。

 

腰痛・肩こり

身体の外側というのは肩こりや腰痛などの痛みを伴うもののストレスを言います。
頭痛やめまいも同じように考えられます。
このような症状が身体にストレスを与えているのです。

腰痛・肩こり

このようにストレスが私たちの予想をはるかに超えた量として取り巻いているのです。
そんなストレスが優位に働いている生活を送っていることによって交感神経が盛んに働いてしまいます。
すると副交感神経の働きが悪くなり、よってしっかり睡眠をとって体と心を回復する仕組みが崩れてしまい、不調につながる状態になってしまうのです。

 

もちろんストレスだけが原因とはいえません。
というのも年齢を重ねていくことで何らかの症状が出てしまう場合は誰もが経験することでしょう。
特に女性の場合は更年期障害のように自律神経、またはホルモンバランスの崩れによるものが原因となるものもあります。
ですがこれらにもストレスは深く関係しているといえます。

 

だからこそストレスはためちゃいけないのです。
どうしたってストレスは多かれ少なかれかかってくるのはいたしかたありません。
ですがそんな中でも少しでもストレスをためないように自分自身で気づいてコントロールできるようになることが重要と言えます。

 

ストレスに負けない強い心と身体を作れるようにしましょう。

ストレスに負けない

一般的にはストレスがたまりやすい人というのはなんでも我慢してしまうような我慢強い人と言われています。
我慢することは時と場合によってもちろん大事なことです。
そんな我慢をした時でも自分自身で息抜きをしたり、ストレス発散をしてためないように気を付けていくことが大事です。
時にはのんびりしてゆったりとした時間を過ごすことも副交感神経が働きやすいのでおすすめです。
まだ自分自身でストレスを感じることができているときまではいいのですが、日々の生活に追われ、そのストレスを自分で気づくことができなくなってしまうと深刻な症状へ向かってしまうので注意しましょう。

 

プラセンタ作用が乱れた自律神経を整えてくれる?

自律神経が乱れたことにより、自律神経失調症などの精神疾患になってしまった場合の治療法としてはいくつかありますが、その中で薬物治療が主になってきます。
ホルモン剤を使用したホルモン治療や抗うつ剤、精神安定剤や睡眠導入剤などを処方されます。
眠くなったり、太る、吐き気やふらつきなど薬による副作用が生じる可能性もあります。
改善に向かうことができても、薬への依存が強くなってしまいます。
もちろん医師からの処方ですので、信頼して長期継続をしてしまうことも、依存へと促してしまう理由の一つと考えられます。
そうなると薬がないと不安になってしまう日々が続いてしまいます。

 

そこで、副作用がないと言われるプラセンタの作用に期待が高まっているようです。

 

 

クリニックや医療機関でも、治療としてプラセンタ注射が導入されているところが増えてきました。
プラセンタ注射には更年期障害の治療として、メルスモン注射が使われています。
何がどのように効果としてあらわれるかは解明はされていませんが、薬理作用がもととなり症状の改善や治療に発揮されています。

 

プラセンタの薬理作用として、20種類の作用がありますが、そのうち自律神経の乱れによる不調には以下の作用が効果的と言われています。

 

  • 細胞活性化作用
  • 細胞の代謝を促す

  • 自律神経調節作用
  • 自律神経を調節する

  • ホルモン調整作用
  • ホルモンバランスを調整する

  • 疲労回復作用
  • 疲労回復を促す

  • 体質改善作用
  • 体質の改善を促す

  • 精神安定作用
  • 精神を安定させる

快調

これらの薬理作用が自律神経の乱れに効果的に作用し快調へと促してくれるでしょう。

 

継続的に摂取できるとして、サイト管理人はプラセンタサプリをおすすめします。
プラセンタ注射の場合は、クリニックや医療機関に行かなくてはならずもしかしたら困難な症状かもしれません。
でもプラセンタサプリなら、ネットで購入することが可能です。

 

医薬品ではないプラセンタサプリなので、目に見えて激変するような症状の緩和はみられません。
ですが自分自身の自然治癒力にプラスアルファーとして緩やかに作用してくれることに期待ができるでしょう。
また先に述べたように依存性がなく、継続的に利用していくことができます。

 

しかし1番は何よりも、自律神経失調症の要因となるストレスをためないように生活をして、自律神経を整えることが重要となります。

 

  • 睡眠をしっかりとる
  • お風呂でゆっくりリラックスする
  • 食事で自律神経を整える
  • 適度な運動で自律神経の働きを強くする
  • 体をほぐしてリラックスする

 

このように自分自身で心がけて生活をしていくことにより、一段とプラセンタ作用を最大限に引き出すことができると思います。
健康効果に期待が持てるプラセンタ効果ですが、プラス美容効果にも期待が持てるので不調が緩和され、見た目も若返るエイジングケアといったうれしい効果を得ることができるでしょう。