女性の薄毛、悩み急増の訳とは?

ある薄毛治療専門のドクターの話によると現代女性の悩みの一つとして急増しているのが薄毛であると聞きました。

女性薄毛の悩みが急増

数年前までは薄毛をはじめ髪の毛の悩みといえば男性という時代であったのですが、近年は女性のほうがその悩みに日々戦っているのだそうです。
その年齢の多くは30代からの女性で、40代に入る頃には多くの女性が自分の髪の毛を見るたびに「あれ?!」と思っているようです。

 

「薄毛によって鏡を見るのが嫌だ」「髪の毛にコシがなくボリュームもないためスタイリングが決まらない」「分け目がいつもぱっくり割れていて薄くなっている」など見た目で気づくことが多いようです。
他には洗髪やくしでとかすときの抜け毛が激しい、円形脱毛がよくできる、髪の毛が細くなり全体的にペタンとしている・・・という悩みもあります。

 

老化によっての薄毛は今の昔も変わらないはずですがなぜ近年女性の薄毛の悩みが急増しているのでしょうか?
その悩みの訳を探ってみましょう。

 

それは女性のライフスタイルに大きく関係しています。

女性が社会進出

現代の女性は社会進出を果たしています。
そのため仕事に追われ、中には男性と同じように仕事をするキャリアウーマンも多くその結果生活スタイルが崩れてしまう傾向にあります。
また結婚をして家事、出産をして子育てなど様々な場面でストレスと直面することによって女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのです。
睡眠不足や食生活の乱れなどが大きな要因となり薄毛の悩みが急増しているといえるのです。
そして年代で見てもちょうど30代、40代のあたりは女性ホルモンの減少してその結果薄毛になってしまうことに関係してくるようです。

 

他にもいつまでも美しくありたいという気持ちから過度のダイエットや凝ったヘアスタイルアレンジにより髪の毛を酷使しているのも薄毛の要因の一つとなっているようです。
様々なことが要因とされる中で女性の薄毛への悩みが急増しているといえるのです。

 

毛の生え代わりと薄毛が関係してくる?

人間の髪の毛は約10万本あり、日々50〜100本程度が生え変わっているんですよ。
その髪の毛の生え代わりの仕組みをまず見ていきましょう。

 

1、成長期
私たちの目に見ることができない頭皮の真皮の中に毛根が有りその毛根の最も下には毛母細胞があります。
その毛母細胞が細胞分裂を繰り返し髪の毛として成長します。
この成長期でのスピードは1日に0.3〜0.5ミリ、1年にすると約10〜15センチぐらいのスピードがあります。

          ↓

2、進行期
髪の毛の成長がある程度進むと毛母細胞での分裂が終わり毛根が小さくなっていき成長が止まり始めてしまいます。
退後期の期間は10〜14日程度とされています。

          ↓

3、退行期
毛根が縮小していき毛が死んで抜け落ちていきます。
そして次の成長期に向けて準備をしている時期ともいえ、約3か月ほど期間があります。

          ↓

4、成長前期
休止期が過ぎ毛母細胞では再び細胞分裂が盛んに始まり新しい毛が成長していきます。

 

髪の毛のサイクル

これらの髪の毛のサイクル(毛周期)は男性の場合は3〜5年、女性の場合は4〜6年とされていますがもちろん個人差があります。
ヘアサイクルが正常の場合は成長期で育った髪の毛が元気よく伸びてくるのですが、ここが薄毛と深く関係している期間なのです。
成長期にしっかり細胞分裂が行われないと毛の本数が次第に少なくなっていったり、毛母細胞に栄養がいかないことで細胞分裂が起きにくくなり毛の成長へとつながらず、短い毛のままどんどん抜けてしまい、新しい毛も成長しなくなります。
結果地肌が見える、髪の毛が細いなどの薄毛の症状へとつながってしまうのです。

 

女性の薄毛とはいったいどんな症状?

薄毛といっても男性の薄毛とはまた違うのが女性の薄毛の症状です。
その症状には大きくわけて5種類の症状に分かれます。

 

瀰漫性(びまんせい)脱毛症

女性の多くは瀰漫性脱毛症

女性の薄毛の中で多くの女性が悩んでいるとされる薄毛の症状です。
特定な部分が薄くなっていくわけではなく全体的に毛が抜けて薄くなってくる脱毛症のことをいい、年齢的には30代や40代のころから多くの女性を悩ましています。
進行期や退行期の毛の状態が続き結果薄毛になってしまうのです。
原因として考えられることは老化をはじめストレスや食生活のバランスなどがあげられます。
そして意外に過度なヘアケアが要因としてあるのです。
朝と夜の洗髪や、ドライヤー、汚れなどが抜け毛につながっているのです。

 

粃糠性(ひこうせい)脱毛症

頭皮の環境状態悪いことが1番の原因として起こる脱毛症です。
頭皮から出るフケや皮脂が毛穴をふさいでしまい、そのことで血液中の栄養が毛母細胞まで届かず、毛母細胞の栄養不足で抜けてしまいます。
頭皮の環境を悪化させる要因としてはシャンプーがあっていない、頭皮の乾燥状態、しっかり洗髪できていないということがあげられます。
でも1つだけの原因ではなく毎日の生活を見直す必要もあるでしょう。
悪化速度が速いためあまりひどくなる前に医師の診断を受けることがおすすめです。

 

脂漏性(しろうせい)脱毛症

名前のとおり皮脂の過剰分泌が原因となる脱毛症です。
皮脂の過剰分泌の起こるメカニズムは人それぞれですがやはり食生活や洗髪剤、洗い残しなどが大きな原因となっています。
皮脂の過剰分泌により毛母細胞がダメージをうけてしまい、抜け毛がおき、ほかのトラブルも誘発しやすい状態となってしまいます。
特に脂漏性皮膚炎を引き起こすこともあるため早めの受診をおすすめします。

 

牽引性(けんいんせい)脱毛症

ポニーテールは頭皮に負担

これは「ポニーテールはげ」「お団子はげ」といわれるように、長時間継続して髪の毛を強く引っ張るなどのヘアスタイルによって頭皮に負担がかかってしまい薄毛の原因となる脱毛症です。
解決方法はまずはそのような負担のかかる髪型をやめることです。
また頭皮のマッサージなどをして血行を促すことがおすすでしょう。

 

分娩後(ぶんべんご)脱毛症

出産後に一時的に抜け毛が多く起こり薄毛になってしまう脱毛症をいいます。
女性ホルモンのバランスが崩れることも要因の一つです。
そのため出産後6か月〜1年後には自然に回復してくるでしょう。
しかしながら個人差はもちろんのこと、ストレスが関係して回復せず、ひどくなる場合や部分的な円形脱毛が生じる場合もあります。
ストレスをためず女性ホルモンの正常化を意識していくことで回復してきます。

 

プラセンタ効果で女性薄毛とさようなら?!

まだまだ薄毛治療には研究や開発が進められていますが、プラセンタ効果はここでも有効な働きに期待ができるのです。
プラセンタの薬理作用には

  • 細胞活性化作用
  • 血行促進作用
  • ホルモン調整作用
  • 性酵素除去作用
  • 抗炎症作用
  • 基礎代謝向上作用

 

これらが薄毛解消に期待が持てる作用としてあります。

 

毛母細胞をはじめとする細胞に活力を与え、血行を促進して栄養補給や老廃物の排除をスムーズにしてくれます。
女性ホルモンをはじめとするホルモンバランスをととのえ、頭皮の炎症も抑え、そして肌のターンオーバーと同じようにヘアサイクルを正常へと導いてくれるのです。

 

薄毛に活性酵素が関係していることがわかり、ホルモンなどの影響により過剰分泌してしまった皮脂が活性酸素によって酸化されて過酸化脂質に変わってしまうのです。
するとこの過酸化脂質が毛母細胞に影響を及ぼし脱毛や発毛を阻害してしまうのです。
だからこそプラセンタ効果の活性酵素除去作用に期待が高まるのです。
⇒活性酵素について

 

医療機関やクリニックではプラセンタ発毛治療を提案しています。
そのコースのほとんどは体の内側からも外側からも摂取する方法が提案されていて、いわゆるプラセンタ注射とサプリの併用を推奨しています。
プラセンタ注射は腕にする筋肉注射のほかに頭皮に直接接種する方法があり、どちらもラエンネックを使用しています。
プラセンタ注射の記事の中で伝えたように効果は大いに期待できますが、その分リスクが伴います。
⇒プラセンタ注射の効果と危険

 

リスクなく薄毛治療に期待できるのはまさしくプラセンタサプリではないでしょうか。

 

 

プラセンタサプリが安全で薄毛解消

時間はかかってしまいますが早めからプラセンタサプリを摂取することで安全に薄毛で悩まない生活が送れるのではないでしょうか?
規則正しい生活、ストレスをためない、栄養バランス、頭皮に負担ならないよう正しいヘアケアをこころがけ、プラス プラセンタサプリを毎日飲み続けることで女性の薄毛は解消できるでしょう。
間違っても男性用の育毛剤などを使用して解決してはだめです。
女性と男性の発毛サイクルが違うので解決はしません。

 

毎日続けていけるプラセンタサプリを見つけ、薄毛解消、または薄毛予防をしながら女性らしさを手に入れていきましょう。
⇒人気プラセンタTp200を実際購入しました