成長因子のすばらしさ

プラセンタは哺乳動物の胎盤から抽出されたエキスで、タンパク質、アミノ酸、ビタミン、脂質・脂肪酸、糖質、ミネラル、活性ペプチド、ムコ多糖体、核酸、酵素と言った、生きていくのに必要な栄養素がすべて含まれています。

成長因子

そして、プラセンタには他の美容成分には含まれていない、「成長因子(グロースファクター)または増殖因子(細胞増殖因子)」が含まれているのが特徴です。
プラセンタの成長因子は、細胞分裂を活発にして新しい細胞を作り、新陳代謝をアップさせて、基礎代謝の向上やアレルギーなどの体質の改善、身体の組織や機能を若返らせるなどの効果が期待できます。
今この作用に大きな注目が集まっているのです。

 

先にも述べたように胎盤とは妊娠と同時にできる臓器です。
その胎盤によって胎児の臓器は作られています。
人間でいうなら1個の受精卵が分化誘導されて人間の体になり様々な臓器ができあがるのです。
臓器を作り上げていくうえで必要となっているのが成長因子の作用なのです。
この作用が細胞の活性化と大きく関係していると考えられています。
成長因子は細胞分裂活性化因子のようなもので細胞を刺激することによって細胞分裂を促していきます。
細胞分裂が起きることによって新陳代謝が活性化して古い細胞が新しい細胞に生まれ変わります。
新しい細胞に生まれ変わることイコール若返り効果につながっているようです。

 

成長因子減少

成長因子はもともと体の中で作られているものでもありますが、10歳ごろから減少し始め、20歳代後半から急激に生成量が減少し、30歳を過ぎるころになると、活性酸素による細胞の中のDNAへのダメージが蓄積されていくことで、さらに成長因子の生成量が低下します。
成長因子は生成量が低下すると、自然治癒力や免疫力も低下してしまうので、傷の治りが遅くなったり、身体に不調がでてきます。
年齢を重ねるとともに出てくる、肌トラブルの悩みや、健康の悩みであったりと、一人ひとり悩みは違います。
成長因子には細胞の増殖や分化、修復や再生を促す作用がありますが、身体の細胞の種類によって成長因子の働きが違ってきます。
プラセンタ(胎盤)の特徴である成長因子の働きはたくさんあり、どれも美容と健康の面において、身体の内側からそれぞれの作用による効果があり、プラセンタを摂取することによって、成長因子による効果を実感でき、本来の元気な身体を取り戻すことが期待できるのです。

 

プラセンタに含まれる成長因子

胎盤には成長因子が含まれているのが特徴であるとつたえました。
含まれている成長因子は多様な種類の因子が多くあり、強い生理作用によってプラセンタ効果を得ることができるとされています。

 

 

〇繊維芽細胞増殖因子(FGF)
美しい肌を保つのに必要なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを作る線維芽細胞の増殖を促し、しわやたるみ、にきびのあとやくすみなどの修復と再生を促します。

 

 

〇肝細胞増殖因子(HGF)
肝細胞やさまざまな細胞を増殖させて、組織と臓器の修復と再生を促します。

 

 

〇上皮細胞増殖因子(EGF)
皮膚の表皮や、角膜、肺、気管などの上皮細胞(粘膜を保護するもの)の増殖を促します。

 

〇インスリン様成長因子(IGF)
軟骨の構造成分を作る軟骨細胞・主に胃や腸の内臓筋に見られる平滑筋細胞の増殖を促します。

 

 

〇神経細胞増殖因子(NGF)
交感神経、副交感神経、知覚神経細胞の増殖と再生を促すことにより、自律神経やホルモンバランスの調整などをするので、気持ちが安定し、うつや更年期障害などの症状の改善が期待できます。

 

 

〇トランスフォーミング成長因子(TGF)
>たるみやしわの改善をしてくれるコラーゲンやエラスチンの働きを活性化させます。
肌に潤いや弾力を与える作用や抗炎症作用もあるので、アトピー性皮膚炎などの敏感な肌にも効果が期待できます。

 

 

〇免疫力を向上させる成長因子
コロニー形成刺激因子(CFC)は白血球の一種で顆粒球・マクロファージなどの幹細胞の増殖を促します。
この他に免疫力を向上させる成長因子として、白血球から作られるIL−1(インターロイキン1)、IL−2(インターロイキン2)、IL−3(インターロイキン3)、IL−4(インターロイキン4)があります。

 

・インターロイキン1(IL-1)は免疫担当細胞(T細胞、B細胞、NK細胞)や胸腺細胞の増殖リンホカインの生産を促進します。
・インターロイキン2(IL-2)はT細胞(ヘルパ-T細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞)の増殖を促します。
・インターロイキン3(IL-3)は造血幹細胞や肥満細胞の増殖を促進します。
・インターロイキン4(IL-4)はB細胞の増殖や抗体産生細胞への分化を促進します。

 

多様な成長因子

このように、プラセンタには美容効果や健康効果に必要なさまざまな種類の成長因子が含まれています。
成長因子はそれぞれの働きや役割を補って、古くなった細胞を新しい細胞へと生まれ変わらせる細胞分裂のきっかけとなります。
微量であっても成長因子は十分な作用を発揮することができるので私たちの体に必要な成分と言えます。

 

成長因子により肌や身体の細胞が活性化するので、身体の内側から元気になり、美しい肌になるサポートをプラセンタはしてくれるのです。
この成長因子が含まれているのは胎盤、プラセンタだけです。