馬プラセンタ効果を実感したい!サプリはいつ飲む?

当サイトの記事の中で「サプリは継続してくことが大事である」ということはお伝えしてきました。

サプリは継続が大事

継続は力なり…という意味もありますが、サプリの場合は即効性にあまり期待ができません。
そのため欠かさず毎日飲むことで効果をじっくり得ることができるとされています。
⇒サプリをどのくらい飲み続けたら
効果を感じる記事はこちら

 

でも飲むのであればしっかり効果を実感したいと考えますよね。
そこで今回はサプリをいつ飲むことがベストであるのか、おすすめの時間を詳しく紹介していきます。

 

寝る前にプラセンタサプリを飲むのがベスト!

ズバリおすすめは寝る前です。

寝る前がベスト

多くの他のプラセンタサイトも同じように書いてあります。

 

でもその理由の多くは簡略的に書かれているのでどうしてかという点が謎に包まれているように感じます。
その謎を詳しく説明していきます。

 

まずは最初にプラセンタサプリは薬ではなく健康食品であることを忘れないでください。
そのため摂取する規定の時間などや用法・用量はきまっていません。
ここでおすすめする時間でなければいけない…ということではありません。
自分の生活スタイルで継続的にサプリを飲むことが最も重要です。

 

寝ている時に私たち人間は修復される?

私たち人間は寝ている間に成長ホルモンの分泌をはじめ、脳を休める、脳の中を整理するなどの作業を行っています。
よって適切な睡眠をとらないことで成長や知識などにも大きな影響を与えかねないのです。

 

特に注目すべき点が成長ホルモンの分泌です。
成長ホルモンには成長に関係する作用と代謝をコントロールする作用の2つがあります。
その作用の中には健康に保つ、疲労やケガからの修復や免疫力を高める、美肌作りや髪の毛の発育など人体の様々な機能を正常に保つ働きをしています。
成長ホルモンの分泌が減少するといわゆる老化に負けてしまい、若々しい健康な体でいることが難しくなるでしょう。
プラセンタ効果を十分に実感するためにはこの成長ホルモンの分泌が深く関係してきます。

 

成長ホルモンの分泌が多くされるのが眠りについてすぐから3時間以内とされています。
その後は成長ホルモンの分泌が減少します。
いかにこの時間に深い睡眠につくかという点が成長ホルモン分泌に関係があり、そして効果を実感するために必要なポイントとなるのです。

 

空腹時が飲むタイミングとしていい?

私たちの体は口から摂取したものは食道を通り胃へ行きます。

空腹時がタイミングいい

胃では一時的に蓄える仕組みがあります。
その進み具合は胃液を混ぜ合わせ消化して吸収をしていくという順番になり、その食べ物によって消化されるスピードが変わってきます。
炭水化物なら2〜3時間、肉などは4時間近くかかるとされています。

 

逆に空腹時はどんな状態でしょうか?
胃の中に食べ物がないため栄養成分を吸収するものがありません。
よってこの時に口にした物から栄養成分を摂取しようと働きます。
これこそが空腹時にプラセンタサプリを摂取することで吸収率が高くなる仕組みなのです。

 

つまり薬と同じように食後30分などでは食べ物と一緒に混ぜ合わされてしまい、吸収までに時間がかかってしまうのです。
しかし空腹時であればプラセンタ成分だけを素早く吸収してくれるのです。

 

胃酸によって溶かされて栄養成分が小腸まで届かないのではないかという疑問もありますが、大丈夫です。
胃ではプラセンタサプリのカプセルが消化されていると考えてください。
そしてカプセルの中の粉末は近年のプラセンタ開発により、小腸へとスムーズに吸収されるように高いタンパク質量や低分子化などされています。
⇒低分子化についての記事はこちら

 

空腹時に吸収率が高くなることはわかりましたが本当に全くの空っぽの空腹がいいのでしょうか?
というのも空腹時に胃痛を発症する人は多く、また空腹すぎるのは胃腸内を驚かせてしまい、強い胃酸によってやられてしまう場合もあります。

 

では具体的にどのくらい空腹だったらベストなのでしょうか?

 

先に述べた胃の消化時間を見て考えてみると、寝る前3〜4時間前に夕食をすましているぐらいの空腹の目安といえます。
(消化のよい食べ物の場合は2時間前でもいいかもしれません)

 

結論は

夕食を3〜4時間前までにすませ、寝る1時間ぐらい前にサプリを飲むのがベスト

といえます。
この時間にプラセンタサプリを飲むことで効果の実感に期待がもてるでしょう。

 

絶対やってはいけない飲み方とは?

絶対やってはいけない

これはサプリでも薬でも同じことが言えるのですが、必ず水で飲むようにしましょう。
なんで水で飲むか知っていますか?
その多くの答えは「水で流し込んで飲みやすくなるから」といった回答がほとんどです。
しかし水で飲むことの理由はそれだけではありません。

 

流し込んで飲みやすくするのであればお茶や牛乳、ヨーグルトなどでもいいですよね。
でも水で飲むことにしっかりとした理由があるのです。

 

水で飲む理由には薬やサプリが胃の中で水に溶けて吸収しやすくなるからなのです。
そして水ということにこだわるのも、薬やサプリの働きに影響を与えないからです。
お茶や牛乳など水以外のものでは働きを邪魔したり、逆に増強させてしまう場合があり、正しい摂取方法とはいえません。

サプリは水で飲む

また水にしてもできれば軟水とされるミネラルウォーターがおすすめです。
水道水ではカルキを飛ばすために塩素が含まれていますし、硬水ではカルシウムやマグネシウムが多く含まれています。
これらの成分がふくまれていると少なからず影響があるとされています。

 

プラス白湯にするとなおいいでしょう。
白湯にするメリットは胃への刺激が少なくなるからです。
私たちの体と同じような温度の白湯、つまり少しぬるま湯ぐらいの白湯が胃を驚かせずスムーズに消化して吸収へとつなげてくれるのです。

 

絶対にやってはいけないのがそのまま飲み込むことです。
そのまま飲み込むことは働きがという前に非常に危険です。
薬やサプリの形状によってはそのまま飲み込むことでのどや食道にくっついてしまい粘膜へ刺激を与えてしまうなど危険があります。
水で飲むことの必要性とともに、少なすぎない水の量で飲むことがおすすめです。