酵素の大切さ知ってますか?

私たちが生きていくうえで必要不可欠と言われているのが酵素です。
最近では「酵素」という成分に注目が集まっています。

 

簡単に酵素を説明すると2つに分けられます。

 

消化酵素と代謝酵素

 

消化酵素=食べたものを消化していく酵素

代謝酵素=栄養素を活用しやすい形にする酵素

 

この2つの酵素が無ければいくら食べ物を食べていても生きていくためのエネルギーにならないので、生命維持が困難になります。
だからこそこの酵素の必要性に注目が集まっているのです。

 

私たちが生きていくうえで酵素は年齢とともに減少したり、ストレスで破壊されるなど酵素が足りない状況になっていくのです。

酵素が減少してくる

中には酵素が尽きた時が命が絶えるとき・・・といわれていることも。
酵素がうまく働かないことで免疫力は低下してしまいます。
免疫力が低下することによって風邪をひきやすくなったり、病気になりやすくなってしまうのです。
その重要な酵素を体内に補っていくためには普段の食事など外部から酵素を取り込まなくてはなりません。

 

酵素を取り込む方法としては野菜や果物、海藻などのアルカリ性の物を食べるといいとされています。
しかし野菜だけで生活というわけにはいきません。
そこでサプリやゼリーなどの酵素商品を摂取することがおすすめです。

 

酵素を取り込むためのポイントとしてただ「酵素」と書いてあるものを摂取すればいいというわけではありません。
やはり摂取するための酵素も質のよい酵素を摂取しなくては意味がありません。

 

そして何よりも酵素が活性しやすい体内作りが必要になるのです。
酵素が体内で活性しやすい温度というものがあります。
体の深部体温が37度前後で働くようになっているのです。

 

※深部体温とは体の表面の皮膚温度ではなく、体の中心温度のことを言います。
日本人の多くは36.9度が深部体温の平均温度といわれています。
脇の下に体温計を挟み約10分間測定してわかる体温が深部体温と呼ばれ、その体温が35度以下のレベルの人を低体温といいます。
低体温と冷え性は同じではありません。

 

温度が高すぎると熱に弱い酵素は壊されてしまいますが、低すぎても酵素が働きにくい状態となってしまいます。

体温37度が酵素活性できる

そこで私たちの体温も36.5℃から37℃ぐらいのやや高めが酵素が働く最適というわけです。
熱に弱い酵素も48度で壊れてしまうといわれていますが、さすがに人間の体温が48度まで上がることはまずないでしょう。
そのため体温が高いほど体は酵素を活性化させ、免疫力を高めようとします。
逆に体温が低い人のほうが酵素が働かないため免疫力が弱まるとされています。

 

現代人には低体温や、冷え性の人が多くいます。
その原因の一つには昔に比べて冷えをもたらしやすい生活様式になっているからといえるのです。
冷蔵庫や冷房など熱い夏でも涼しく過ごせるようになり、冷たいジュースやアイスクリームを食べて体を冷やすことができたり、シャワーで熱い夏を過ごすことが増えています。
これらが冷えやすい体を作り、低体温や冷え性へとつながってしまっているのです。
酵素と冷えは深く関係していることがうかがえます。

 

食生活でも欧米化した食事に変化したため、食事そのものが酸性の食べ物摂取が多くなったといわれています。
そのため私たちの体は酸性に傾いてきているといえるでしょう。
体が酸性に傾いてきたことにより体の抵抗力が弱まり、不健康になってしまいます。
疲れやすく、頭痛やめまいまでも起きてしまう症状がみられ、体内も酸化することによって老化してしまうと悪いことばかりです。
このようにならないためにも酸性に傾いた体をアルカリ性に戻していかなくてはなりません。

 

だからこそより酵素が必要となるのです!!!

 

酵素活性力が高い馬プラセンタがおすすめ

酵素の必要性を大いに理解していただけたのではないでしょうか?
そんな酵素をいかに体内に増やしていくかが健康な生活を送るうえで深く関係してくるといえるのです。

 

多くの人が「体内に酵素を増やすために酵素を食べものから摂取しょう」と思っているかもしれませんが、酵素は食品から摂取することができないとされています。
食品の酵素とは胃で溶けてしまい分解されてアミノ酸になってしまうのです。
よって食品から酵素を摂取する⇒食品の力をかりて酵素を生成する 
この考えに切り替えましょう。

 

酵素を生成するための食品として代表選手が味噌やヨーグルト、ぬか漬けなどの発酵食品といわれています。

発酵食品が酵素生成を促す

発酵食品は腸内細菌を活性化にして酵素の生成を促してくれるのです。
またビタミンやミネラルも酵素の生成を助けてくれる重要な食品です。
つまりこれらの食品をとることによって体内に酵素を生成して結果増やすということです。

 

食品以外では、しっかりとした咀嚼や腸内環境を整える、規則正しい生活習慣にするなど毎日送る生活の中で気を付けていくだけで結果体内の酵素が増えていくとされています。
ですが忙しい現代、なかなか日々の生活を改善して上記のような生活を送るのが難しいのが現状です。
そこで酵素を補っていくためにおすすめなのがプラセンタサプリです。
多くの酵素を含んでいるので、毎日続けていくことで補うことができるでしょう。
そのプラセンタサプリこそ馬プラセンタがお勧めです。

 

何よりも他のプラセンタに比べて馬プラセンタは酵素活性力が数倍も高いといわれています。
その理由は飼育されている環境によるものです。
特に豚は飼育場で何頭も一緒に飼育されています。
広い場所といっても何頭もいうので豚がひしめきあっている飼育場といえるかもしれません。
そして豚のエサには早く大きくするためのホルモン剤が含まれていたり、感染症を防ぐためのワクチン投与などされています。

 

では馬の飼育環境はどうでしょうか?
馬は放牧されている環境が多く、そして何よりも草を食べています。
この草がポイントです。

 

アルカリ性である草

草はアルカリ性の食物なので馬の体そのものが酸性に傾いていない、体といえるでしょう。
そんな馬の臓器である胎盤の栄養素なので酵素の働きを活性化する力が備わっているといえるのです。
また馬は放牧されている中で山々を駆け巡っています。
ストレスがかからないように自然体の中で飼育されているといえます。
まさに健康な体そのものと言えるのではないでしょうか?

 

明らかに豚の飼育環境に比べれば、馬の飼育環境の素晴らしさはわかるでしょう。
だからこそプラセンタを摂取するなら馬プラセンタがお勧めといえるのです。

 

酵素の必要性を感じたうえであくまでも酵素を補うサプリとして馬プラセンタサプリの服用をおすすめします。