更年期障害って一体どんな病気?

更年期障害

年齢を重ねていき、女性も40代を過ぎたころからだんだんと、頭痛・肩こり・のぼせ・ほてり・発汗・うつ状態・めまい・疲れやすいなどさまざまな症状がではじめ、友人や知人と話すなかで、もしかしたら更年期障害かも?と思う方もいると思います。
多くの方が知っている更年期障害ですが、どんな症状が出るのか、なぜ起こるのか知っていますか?

 

50歳を過ぎていなくても、人によってはもっと早い年齢でもこのような症状で悩んでいる人もいるかも知れません。
(近年では30代〜40代でも同じような症状が出るといわれています。まだ若いから関係ない・・・私には無縁だわ・・・と思わないでくださいね)
一般的に日本の女性が閉経を迎える年齢に個人差はあると思いますが、50歳前後とされており、閉経をはさんだ45〜55歳の約10年間を「更年期」と言います。
閉経を迎えることにより、卵巣から出る女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が急激に減っていきます。
すると脳から卵巣にエストロゲンをもっと出すように刺激を送り続けますがなかなか難しく結果視床下部が刺激通りに機能しないことによって乱れ自律神経へとつながってしまうのです。

 

心や体の不調は日常生活のなかで少なからず起こることですが、それが日常生活にまで支障が出てしまうことを更年期障害といい、交感神経と副交感神経がうまくバランスが取れなくなり自律神経が乱れることにより、心や体の不調が起こりやすくなります。
(昼間に動いているとき働く神経を交感神経、夜間などの安静にしているときに働く神経を副交感神経といいます。この2つの神経のバランスのことを自律神経と言います。)
⇒自律神経詳しくはこちら

 

更年期障害の症状はエストロゲンの分泌量が大きく関係しているため突然症状が現れるというよりはゆっくり進むものと考えてください。
エストロゲンの減少によって今まで正常に機能していくつもの役割を果たしていたのですができなくなってしまいます。
更年期障害の症状は個人差がありますが短い人だと数か月で終わる人もいます。
逆にずっと長く続いてしまう人もいます。
一般的には3年ぐらい続くのが多いケースのようですが、全く症状のない人もいます。
そして1つの更年期障害の波が終わったからと安心していると再度更年期障害の症状がでる場合があります。

 

そんな悩める更年期障害ですがプラセンタ効果でその症状を和らげることが出来ることを知っていますか?

 

 

 

そこでまず具体的にどんな症状が出ると疑うべきなのか見ていきましょう。

 

更年期障害になったらどんな症状が出てくるの?

症状としては体に現れるものと内面に現れるものとがあります。
主な症状としては、月経の周期が不規則で、長くなったり短くなったりします。
またシミやしわ、くすみなどが増えてきます。
筋肉や骨格が衰えてきて、尿漏れや子宮脱、肩こり、腰痛、関節痛であったり、また自律神経失調症などによる体の症状としては、ほてり、のぼせ、発汗、手や足の冷え、血圧が高くなったり、頭痛、めまいなどの症状が出てきます。
精神的なものでは、記憶力や集中力が低下したり、睡眠障害、イライラしたり不安な気持ちになったり、などの症状が出てきます。

 

☆のぼせ・ほてり・汗が出る
☆頭痛
☆肩こり
☆疲れやすい
☆イライラ・うつ状態・自律神経失調症
☆男性の更年期障害
(クリックすると項目を見ることができます)

 

のぼせ・ほてり

のぼせ・ほてり・汗が出る

のぼせ・ほてり・汗が出るなどの症状は、「ホットフラッシュ」と言われています。
更年期になると突然現れる症状で、7〜8割程度の人が感じているといわれています。
上半身は暑いのに、下半身や、足先指先だけ冷たいなどという症状を一般的にホットフラッシュといいます。

 

自律神経の調整が乱れると、血管の収縮などのコントロールができなくなってしまうことが原因とされ、その症状がひどいと風邪をひきやすくなったり、高血圧や甲状腺の病気などと関係が出てきてしまいます。
緊張や運動不足、ストレスなどもホットフラッシュを増長させてしまうので規則正しくリラックスして過ごすことが1番でしょう。

 

頭痛

頭痛

更年期に起こる頭痛は、片頭痛や緊張型頭痛であることがほとんどと言われています。
片頭痛は脳の血管が拡張することで頭の片側や両側に響くような痛みで、30〜40代の女性に多く見られます。
緊張型頭痛は肩こりやストレス、目の疲れなどから痛くなり、頭の両側から締め付けるような痛みで、どの年代の女性でもみられるようです。
しかし、なかなか痛みが治まらないときには、市販薬を飲んだり、医療機関で診察してもらうなどした方がいいと思います。

 

肩こり・腰痛

肩こり

首や肩がこるというのは若い頃からでもあることですが、更年期になるとそれが悪化する人が多くなります。
これも女性ホルモンの低下することによる自律神経の調整が乱れることによるものだと言われています。
エストロゲンの減少により血流が悪くなり肩こりや腰痛などが悪化してしまうのです。
仕事など、姿勢の悪さでも首や肩がこってしまうことも多いので、日常のなかでの姿勢なども気をつけ、ストレッチなどで血流をよくしましょう。
また血流をよくするために湯船につかる、カイロなどで温めるなどすることにより緩和されるでしょう。

 

疲れやすい

疲れやすい

体が疲れていて、何もする気が起こらなかったり、だるいなどの倦怠感など、更年期の女性の多くが感じることだと思います。
更年期は体の筋肉量が減少することによって基礎代謝が低下します。
美容効果の「基礎代謝を向上させる効果」でもお話ししましたが、基礎代謝が低下すると、エネルギーを生み出す力も落ちてしまって、十分に休んでも回復せず、だるさや疲れなどの症状が継続して続いてしまいます。
また卵巣機能が衰えてしまうことでエストロゲンが減少してしまうためホルモンバランスがくずれ、体と脳のバランスもくずれてしまいすべてにおいて無理をしてしまい疲れてしまうのです。
更年期の場合はゆったりと過ごすことで少しは解消されるでしょう。

 

イライラ、うつ状態、自律神経失調症

イライラする

原因がわからないのにほんの少しのことで、気持ちが落ち込んだり、不安になったり、イライラしたりなど、感情の起伏が激しくなってしまうのも更年期障害の症状です。
またこのような時期にはさまざまな環境の変化により、更年期障害の他のストレスが原因になることもあります。
エストロゲンの分泌低下により、心の安定が難しくなり、それでも日々を過ごしていかなくてはならないためより気持ちが不安定になってしまうのです。
気分が落ち込んでいるときこそ自分の状態がよくないことをまず自覚し、家族や友人と話をしてみたり、外に散歩に出てみたりなど、心の不安定さとうまくつきあっていけるようにできるといいのではないでしょうか。
気持ちをリラックスできるように自分なりのケアを見つけることもおすすめです。

 

男性の更年期障害

男性更年期障害

そして、あまり一般的には知られていないかもしれませんが、男性にもあり、男性ホルモン(テストステロン)が減少することによってバランスが崩れ、症状としては同じようなものを含み、プラス男性特有の症状もあります。
精力の減退やED、薄毛などがみられます。
老化現象の一つとして見逃す方がほとんどですが、ひどい症状の場合は重篤な病気につながることがあるので恥ずかしがらずに受診することをおすすめします。
最近では男性のための障害クリニックなども増えています。
男性の場合は、年齢として多くが40歳以降に見られるようですが、いつ頃でてくるかは人それぞれになりますが、女性より症状が長い期間になってしまうこともあります。
⇒男性の更年期障害についてはこちら

 

男女問わずこれらの症状が出ても加齢のせいだ、仕方がないといって受診しない方が多くいるのが現状です。
また性格的に我慢をしてしまう性格の人は更年期障害になりやすいとも言われています。
症状の悪化やいつまでもよくならない場合は必ず受診をして専門医の指示を仰ぐようにしましょう。

 

更年期障害って思ったらプラセンタ注射で治す?

症状を和らげるために用いられているのが、プラセンタの皮下注射、飲み薬、貼り薬、塗り薬、点滴でこれらは保険が適用されます。(一部の漢方薬を除く)
現在、皮下注射はヒトプラセンタの「ラエンネック」・「メルスモン」の2種類だけが認可されており、更年期障害の治療には「メルスモン」が使われています。(「ラエンネック」は肝機能障害で使われます)

プラセンタ注射

プラセンタ注射は通常1A(1アンプル)とよび、1Aが2mlの量です。
接種する場合は更年期障害の治療に使われているメルスモンの場合は保険適応の場合は1回につき1Aまでが範囲となります。
これを週に3回ぐらい接種すると効果的とされています。
1A病院やクリニックによって値段が前後しますが、更年期障害の場合は保険が適応となりますので500円で接種できるようです。
しかし1Aを週3回それだけで1500円、月に換算すると約6000円ぐらいになる計算になります。
時間と手間がかかってしまうのがプラセンタ注射です。

 

また、健康であり感染をしていない人の胎盤を原料としているとされていますが、2006年に厚生労働省は、プラセンタ注射の感染症のリスクを考え、注射を1度でも打ったことのある人は、献血をしてはいけないという通達を出しました。

ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤使用者の献血制限について

 

平成18年8月23日に開催された薬事・食品衛生審議会血液事業部会安全技術調査会において、ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤を使用した方の献血を制限する措置を日本赤十字社が実施することが了承された。
1.  経緯等
(1)  変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)は、献血の際に血液から検査する方法が未だ実用化していないため、例えば、欧州滞在歴のある方などvCJD伝播のリスクが否定できない方について、問診により献血制限を行う暫定的な措置を講じてきているところである。
(※)  暫定的な措置の内容
・  平成17年2月に国内でvCJD患者が確認され、英国滞在歴を有していたことを踏まえ、同年6月より、特定の期間に1日以上英国滞在歴のある方の献血を制限。
・  輸血及び臓器移植(ヒトの臓器に由来するもの)を受けた方からの献血を制限。

 

(2)  ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤を使用した方の取扱いについても、安全技術調査会において平成16年10月から審議されてきたところであり、今般、以下の措置を講じることとしたものである。

 

2.  新たな措置の内容
(1)  同注射剤によるvCJD感染事例は報告されていないが、輸血や臓器移植と同様にヒト由来の臓器から製造されていることから、vCJDの伝播の理論的なリスクが否定できないため、念のための措置として、その使用者について問診により献血を制限することとする。
(注)  ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤については、国内では2製剤が薬事法の承認を受けている。
 [1]  メルスモン(注射薬)(メルスモン)
効能・効果 更年期障害・乳汁分泌不全
 [2]  ラエンネック(注射薬)(日本生物製剤)
効能・効果 慢性肝疾患における肝機能の改善

 

 ※  美容形成(シミ・シワ・ニキビ等)に一部使われていることも知られている。

 

(2)  日本赤十字社においては、1ヶ月後を目途に措置を実施する予定である。
 → 関連資料 … 薬事・食品衛生審議会 平成18年度第1回血液事業部会安全技術調査会
厚生労働省HPより http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/08/h0824-3.html

 

クリニックによっては献血はもちろんのこと臓器移植もできないという注意項目もあり、これらはすべて接種する前に承諾書のようなものをかくことになります。
プラセンタ注射の安全性については多くの病院クリニックでも確認されているので、今までにも大きな副作用などが起きたことはないとされています。
よってプラセンタ注射は更年期障害の治療として用いられています。

 

プラセンタサプリならリスクなく安全に更年期障害を和らげるの?

プラセンタ注射のリスクについては記事の中でも紹介しました。
⇒プラセンタ注射の効果と危険

 

素晴らしい効果に期待ができますが様々なリスクや費用問題、手間を考えるとプラセンタサプリがおすすめではないでしょうか?!
残念ながらプラセンタ注射よりは即効性はありませんが通院の手間はなく、毎日飲み続けることにより安全で安定した効果に期待できます。
今悩んでいる更年期の症状をプラセンタを摂取し続けることで和らげていってくれるでしょう。

 

ただし、サプリメントの場合は、「プラセンタの種類」でもお話ししたように、きちんと管理された安全性が高く、純度の高い、品質のよいプラセンタを選んでください。
⇒プラセンタサプリ選びポイント、NGはこれ!

 

プラセンタサプリ

プラセンタを体に取り入れることで、プラセンタの特徴である成長因子によって、衰えていた卵巣の働きをサポートし、自律神経の乱れやホルモンの分泌量のバランスを整えてくれます
私たちの体調を整えて健康に過ごすためにはホルモンの役割が大きく関係しています。
だからこそ年齢とともにホルモンバランスが崩れてきてしまっているバランスを正常化していく必要があるのです。

 

プラセンタサプリを摂取し続けることでここまでひどく悩む症状が現れない人もいますし、例を挙げていうなら症状の一つ、何もないのにイライラするという症状が和らいできたという事例もあります。
プラセンタ効果には体の内側に働きかけ元気に健康に導いてくれるという作用が期待できます。
また体の内側から若返りの効果にも期待が持てるでしょう。
更年期障害の症状かな?と思ったり、それだけではない日々の体の不調で悩んでいるのならプラセンタ効果に期待をしてみませんか?
安心・安全にプラセンタ効果に期待するならプラセンタサプリがおすすめです。
まずは体の内側から健康になり、心と体の元気を取り戻しましょう。

 

 

更年期を緩やかに過ごすためにおすすめなプラセンタ