原材料である馬の産地も重要なポイント?

私たちが食材を口にするときや購入するときにどんな点に注目しますか?

産地を確認

食の安全に対して厳しい私たち日本人は「○○産」という表示を見てしまうと思います。
近年では偽装問題として世間を騒がしたこともありました。
そのときも「国産」ということにこだわって外国産のものを国産と偽って販売したり提供したとして大きな問題になりました。
このことはプラセンタサプリでも同じことがいえて、原材料となる馬がどこでどのように飼育されているかがプラセンタサプリの品質や安全に関係しているということになります。

 

今回はその原材料である馬の産地についてみていきましょう。

 

馬はとてもデリケートな動物です。
そのためストレスがかかるような飼育をしていると馬の体には良い影響がないとされています。

ストレスがかからないように飼育

特に出産を控えた馬はストレスによってお腹の胎児に奇形が生じたり、正常な出産ができなかったりといろいろなトラブルにつながるとされています。
プラセンタの原材料となる馬の胎盤は正常な出産をした胎盤に限定されていますので、もともと希少価値が高い馬の胎盤ですのでより入手が困難になってしまいます。
よってストレスのかかりにくい環境での飼育が重要なポイントになってきます。

 

馬の飼育産地はどこがある?

馬プラセンタの馬の産地となる国は現在4か国が市場を占めてます。
4か国ともに共通しているのが、馬にストレスを与えないように放牧して飼育をしています。

 

  • アルゼンチン産

日本からはるか離れたアルゼンチンという国は広大な草原で馬を飼育しています。
飼育と言っても放牧のような飼育方法なので、馬たちがストレスを感じずに伸び伸びと育っているといえるでしょう。
もともとアルゼンチンは食用肉としてはトップクラスを誇る品質の高さと安全性を持っています。
安全性は国がかかわってしっかり検査をしているので間違えはないようです。
また日本へ輸出する場合も国からの証明書つきで、安全であることを証明するぐらい徹底した管理体制の国なのです。

 

あまり多くの馬プラセンタが原材料として使用しているわけではありませんが、安全面の問題はクリアなようです。

 

  • キルギス産

キルギス共和国という中央アジアに位置する国で飼育されています。
その飼育場所は標高が2000メートルと高く、そこでアルゼンチン産と同じように放牧されています。
よってストレスがなくのんびりと馬は過ごすことができています。
また標高が高いことで空気や水をはじめ草も汚染されていないものを食べているので安全な馬の体と言えるでしょう。
もうひとつは標高2000メートルという空気が少ないところで常に生活をしているので肺をはじめ馬自身が丈夫な体を持っているといわれています。
そのためキルギス産の馬の胎盤の品質の高さは注目が集まっています。

 

  • オーストラリア・ニュージーランド産

世界一の清浄国といわれているオーストラリア・ニュージーランドで飼育されています。
オーストラリア・ニュージーランドは地理的に孤島(島国)のためほかの隣国からの感染症などが入ってきにくい国です。
また厳しい検疫体制をとっている国として有名で、馬をはじめとする家畜を疫病から守っている国です。
広大な草原地帯で放牧をされ豊かな草を食べてストレスなく過ごしています。
競馬が盛んなオーストラリアはサラブレッドの飼育にも力をいれていて、サラブレッドは血統はもちろんのことトレーサビリティーがしっかりしているので安心な環境の中で飼育されている馬といえます。

 

  • 国産

馬プラセンタ市場では最も人気の産地は国産です。
それだけ人気があるといえる理由には北海道の日高地方という産地が関係しているかもしれません。

 

国産の多くが北海道の広大な土地で飼育されている馬の胎盤を使用しています。
北海道も2つの国と同じような広大な牧草地帯で放牧して飼育しています。
またストレスを与えないように徹底した管理のもと飼育されています。

 

他の3つの国と大きく異なる点はありませんがやはり国産ブランドへの信頼の高さは否定できません。
結果近年では国産の馬の胎盤を入手することが非常に困難になってしまっているのが現状です。
馬プラセンタ市場が拡大する中で国産馬の胎盤を原材料とする商品が非常に増えたため、その需要と供給のバランスがとれなくなってしまっているのです。
その結果国産馬プラセンタといっている馬プラセンタも減少傾向にあります。

 

Tp200は国産馬プラセンタサプリなの?

元から希少価値が高い馬の胎盤ですが、人気により希少価値がますます高くなっている国産馬プラセンタですがTp200の原材料は国産馬、しかもサラブレッドの胎盤を使用しています。

 

北海道産

北海道の広大な土地でのびのびと飼育されている馬の胎盤から抽出した成分を配合しています。
しかもTp200はサラブレッドという馬の中の馬の胎盤からの抽出です。
サラブレッドは競走馬用に飼育されている馬です。
そのため早く走れる強い馬に育て上げるべき栄養がしっかりとした食事で飼育されています。
そしてサラブレッドは代々血統がしっかりしています。
しかもその血統が途絶えることなく続いているのがサラブレッドの証ともいえるかもしれません。
そんな由緒正しきサラブレッドは徹底した管理体制の中で飼育されています。
環境もそうですが食べるものまでしっかりと管理されているのです。

 

サラブレッド

なぜ馬の胎盤の希少価値が高いかというと、まずは国内で飼育している馬の頭数が年々減少してきています。
しかも1年に1回しか出産をしないという理由で胎盤の数が少なく希少価値が高まっています。
またサラブレッドをはじめ馬は出産すると自分の胎盤を食べてしまう習性があります。
その理由には母体の体力改善が大きな理由とされています。

 

胎盤を出産後に食してしまうことにより胎盤の確保が難しいため国産サラブレッドの胎盤を原材料にすることでコストが高くなってしまうというデメリットがあるのです。
希少価値が高まる国産サラブレッドですからやむなく・・・といったところはあるでしょう。
ですが国産サラブレッドの場合は出産のときに獣医が立ち会い、胎盤が地面に落ちないように配慮をして胎盤の品質や衛生面などに気をつけています。

 

その点海外のサラブレッドはどうでしょう。
国内よりもはるかに広大な土地での飼育ですので、もちろん頭数が多く、イコール胎盤を確保しやすいということからも国産に比べるとコストを低く抑えることができるといえます。
つまり国産馬プラセンタを購入する場合は値段が少々高めになってしまうということです。

 

国産馬プラセンタのTp200は低価格!その理由は何?

国産馬プラセンタサプリの多くは1か月1万円近くするものが多く販売されています。
毎月1万円、正直お財布には厳しい金額だと思います。

 

低価格で国産馬プラセンタ

でもそんな中低価格で国産馬プラセンタサプリが摂取できると人気のプラセンタサプリがあります。
それこそがTp200です!

 

ではTp200がどうして国産サラブレッドが原材料なのに値段が抑えられているのでしょうか?
国産サラブレッドを低コストで提供するため、その原材料となるサラブレッドの胎盤確保を中間マージンなどを省いて年間契約することによって実現できているのです。

 

国産サラブレッドという原材料を低コストで提供できているのはTp200だけといっても過言ではありません。
先に述べたように胎盤確保に年間契約によってコストを抑えてるといいましたがそれだけではありません。
人件費を押さえている事はもちろん、販売そのものも中間マージンを取ることなく直接販売しているからこそ実現できる低価格となっているのです。
また販売時の特典のようなプレゼントなどはありません。

 

国産サラブレッドは

品質の高さ
安全性

がしっかりしているといえてそして何よりも国産という安心も一緒に購入することができます。

 

馬プラセンタサプリはネットで購入

そんなTp200は店頭で購入することはできません。
ネット購入で定期購入をすることで2700円(税込)で毎月Tp200を飲み続けることができるのです。