プラセンタに20の薬理作用!その作用は何?

薬理作用とは

多くの研究者によって胎盤を原材料にしたプラセンタにさまざまな薬理作用があることが明らかになり報告されています。
薬理作用とはその成分によって不調や変調に反応していき効果をもたらす作用のことを言います。

 

そのプラセンタには20もの薬理作用があると報告されているのです。

 

・基礎代謝向上作用
(基礎代謝を高め、細胞や組織の働きを促す)
・細胞活性化作用
(細胞の活性化を促す)
・呼吸促進作用
(呼吸を促す)
・血行促進作用
(血液の循環を促す)
・造血作用
(血液の生成を促す)
・疲労回復作用
(疲労回復を促す)
・血圧調整作用
(血圧を調整する)
・自律神経調整作用
(自律神経を調整する)

・ホルモン調整作用
(ホルモンの分泌を調整する)
・免疫強化作用
(病気に対する免疫力を高める)
・活性酸素除去作用
(活性酸素を取り除き酸化を防ぐ)
・抗突然変異作用
(突然変異を抑える)
・創傷回復促進作用
(損傷した組織の修復を促す)
・抗炎症作用
(炎症を抑える)
抗アレルギー作用
(アレルギーを抑える)
・体質改善作用
(体質の改善を促す)

・強肝・解毒作用
(肝臓を強くして働きを高める)
・妊婦の乳汁分泌促進作用
(妊婦の乳汁分泌を促す)
・食欲増進作用
(食欲を促す)
・精神安定作用
(精神を安定させる)

 

美容効果

多くの薬理作用が、1つ1つの細胞に働きかけることによってプラセンタ効果として身体に変化をもたらしてくれるといわれています。
作用によって得られるプラセンタ効果には、美容効果と健康効果の2種類を感じることができるといわれていますが、どちらかというと美容効果の方を先に感じる人が多いようです。
そのため美容効果は実感しやすいと評判で人気の効果となっているのです。
健康効果の方を実感するのは少々時間がかかってしまいますが、近年ではその効果に医療業界も注目をしています。

 

美容効果が実感できる秘密は、作用の相乗効果のおかげ?

薬理作用によってプラセンタは美容効果を実感することができると評判です。
期待できる美容効果
★美白(シミやしわ)
★基礎代謝を向上させる(ダイエット、にきび、肌荒れ・アトピー性皮膚炎)
★コラーゲンの生成(潤いやハリ)
★ホルモンバランス(抜け毛、薄毛、育毛)
★女性ホルモンの分泌(バストアップ)

 

20代後半になってくると、生理的に皮膚は衰え始めます。
新陳代謝が悪くなり、保水力の衰え、栄養の補給や老廃物の排泄も鈍くなってきます。
このような肌の老化は肌表面から現れてきます。
そしてシミができやすくなったりしわも目立ち始めます。
さらに年齢を重ねていくと肌の真皮の部分が衰えてくるのでたるみも出てきます。
このように連鎖反応のように老化が進んでいってしまうのです。

 

⇒プラセンタ効果が老化現象にストップをかけられる?

 

ですが10個の美容作用が相乗効果を発揮して肌のトラブルに対処していってくれるのです。
もっとも有効かつ即効性があるのは、直接肌に導入するプラセンタ注射です。
ですがプラセンタ注射の場合はリスクもあるため、安易に接種することはおすすめできません。

 

そこで代わりとなるのが、プラセンタサプリです。
プラセンタサプリを摂取することで、サプリが直接美肌へ導くわけではなく、細胞に働きかけ様々な作用によって結果美肌になれるというわけです。

 

結果、多くの愛用者がプラセンタ効果で1番最初に実感できるとして美容効果を挙げます。
もちろん肌の細胞サイクルレベルが最も早いサイクルであることも関係しています。

 

⇒ 馬プラセンタサプリどのくらい飲み続けたら効果感じる?

 

美白(シミやしわ)

シミ

美白とはメラニンの生成を抑え、日焼けによるシミやソバカスを防ぐことを言います。
皮膚は一番外側から表皮、真皮、皮下組織の順番で出来ています。
表皮の一番下には細胞を作る基底細胞があり、メラニンを生成するメラノサイトもここにあります。
メラノサイトは、日焼けなどによる紫外線の刺激を受けると、活性酸素のダメージから肌を守ろうと、メラニン色素を作り出します。
メラニン色素は活性酸素によるダメージから肌を守ろうとすることにより作られ、その際にシチロナーゼという酵素が活性化してしまい、メラニン色素が過剰に作られて、それが「シミ」となってしまうのです。
本来肌は新陳代謝により、メラニン色素は表皮細胞に運ばれて排出されますが、ダメージを受けた肌は新陳代謝のリズムが乱れるので、メラノサイトに蓄積されたメラニン色素の排出が遅れてしまい、色素が肌に定着してしまうのです。
プラセンタは、この活性酸素の働きを抑える作用があり、日焼けをした肌の炎症を抑えてくれる抗炎症作用、活性酸素除去作用があるので、メラニンの生成を抑えたり、シミやソバカスを防いだりなどの美白効果が期待できるのです。

 

基礎代謝を向上させる(ダイエット、にきび、肌荒れ・アトピー性皮膚炎)

ダイエットに関係してくる基礎代謝とは、人間が生きていくために必要な心臓や呼吸器を動かしたり、体温を保つために必要なエネルギーのことです。
最近、昔に比べると平熱が低くなった、ダイエットもしてもなかなか体重が落ちにくくなったと思うことはありませんか。
人間は代謝が下がると体温が低くなってきます。
体温が1度低くなると免疫力は30%下がると言われています。

基礎代謝下がる

また、体が十分な熱を作り出すことができず、エネルギーを消費できなくなり痩せにくくなります。
ダイエットをしたい女性はこのことを知っているのと知らないのとでは、ダイエットの効果がかなり変わってくるのではないでしょうか。
プラセンタには成長因子やアミノ酸などの成分が含まれるので基礎代謝を高める作用があります。
基礎代謝が上がることにより新陳代謝もよくなります
体の中の古いものを、新しいものに生まれ変わらせていくので、ダイエットなどの他にも、細胞が新しく生まれ変わることによるニキビや肌荒れの改善、アトピー性皮膚炎によって傷ついた肌も代謝によって元の肌に戻り、疲労物質も代謝されるので、疲れにくく元気な体への改善も期待できます。

 

コラーゲンの生成(潤いやハリ)

コラーゲン

コラーゲンとは全身の組織に含まれているタンパク質の一種で、肌の弾力性を作る成分です。
30代を過ぎた頃からだんだんと失われていく成分なので、コラーゲンが失われていくと、肌の弾力性や肌のなめらかさがなくなっていってしまいます。
コラーゲンはお肌に潤いやハリを出すのに必要なものなので、そのコラーゲンを増やすことにより、「ぷるぷるのお肌」の代表の赤ちゃんのお肌のような、そんなつい指でつつきたくなるような潤いやハリのあるお肌になりたいと思うのは女性ならみんな同じではないでしょうか。
プラセンタの成分は成長因子により、コラーゲンの生成を促進すると言われています。
プラセンタを摂取することで、コラーゲンが体の中で生成できる量が増え、プラセンタの新陳代謝を高める作用で古い肌を新しい肌に生まれ変わらせることにより、より一層、潤いやハリのあるなめらかな肌を取り戻すことが期待できるのです。

 

ホルモンバランス(抜け毛、薄毛、育毛)

男性の抜け毛、薄毛、育毛という話はよく聞く話ですが、女性にも更年期を迎えるころになると血行の悪さやホルモンの分泌がうまくいかないことによる、こういった抜け毛、薄毛、育毛についての悩みはあるのです。
プラセンタが肌のトラブルなどに効果があることは多くの人に知られていることですが、抜け毛、薄毛、育毛に効果があるということは案外知られていないのではないでしょうか。
髪は、毛母細胞から生まれます。毛母細胞の働きが悪くなると、栄養がとれず髪が元気に成長することができなくなり、その結果細くなり抜け毛が多くなります。
プラセンタは、成長因子が働きの悪くなった毛母細胞の働きをよくしてくれるので、抜け毛や薄毛の改善が期待できです。
また栄養をとるための大きな役割をもっているのが血液です。

抜け毛予防

プラセンタの血行促進作用により、血行が良くなり、血流にのって栄養が運ばれるため、抜け毛の減少が期待できます。
プラセンタによる抜け毛、薄毛、育毛の劇的な効果はすぐに感じることはできません。
摂取をつづけることによる効果は期待できるはずです。

 

女性ホルモンの分泌(バストアップ)

妊娠中の女性のバストが大きくなることは、妊娠・出産を経験されて知っている人もいれば、知識として知っているだけという人もいると思います。

バストアップ

女性のバストは乳腺と脂肪でできています。
そして、妊娠をして出産が近づくにつれ、赤ちゃんに母乳をあげるために、胎盤の働きにより女性ホルモンが活発になり、細胞活性能力や血行促進の作用により乳腺が発達してバストが大きくなります。
プラセンタは、胎盤から抽出されたものなので、胎盤と同じ働きをします。
そのため、豊胸手術のようにすぐにバストが大きくなるようなことはありませんが、プラセンタの成長因子によりコラーゲンを生成してくれるので、バストのハリや、プラセンタのホルモンバランスを整える働きにより、女性ホルモンの分泌量が増えるので、自然な感じのバストアップの効果が期待できるのです。

 

 

プラセンタには美容としての効果がこんなにもたくさんあり、毎日コツコツと摂取し続けることにより、女性の美容に関する悩みに期待がもてるでしょう。
個人差はありますが、いくら美容に効果があるプラセンタを摂取していても、基本的な毎日の生活のリズムがくずれていれば、効果も半減してしまうかもしれません。
バランスの取れた食生活、睡眠不足にならない、ウォーキングなどの軽い運動など、忙しくて時間がなかなか取れない方は、普段エレベーターやエスカレーターなどを使うのを階段に変えてみるというのもいいのではないでしょうか。
少しでもプラセンタの効果が実感できるように、生活習慣を整えることもそれぞれの美容に関する悩みの解消につながるのではないでしょうか。

 

健康効果にも期待ができるのはどうして?

美容効果と同じように、薬理作用が働き体の内側に働きかけることによって、様々な症状を緩和して健康へと導いてくれるのです。
医療面でのプラセンタの活躍は目覚ましいものがあり、更年期障害や肝機能障害をはじめ、現代病とされる花粉症や歯周病などにも治療法として使われています。
期待できる健康効果
★精神の安定、ホルモンのバランスを整える効果(更年期障害・自律神経失調症・うつ病・生理痛・生理不順など)
★炎症を抑え、壊れた組織の修復を促進する効果(傷、やけどの跡)
★病気に対する抵抗力を高める効果(風邪をひきやすい)
★抗アレルギー作用による体質改善を促す効果(アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎・気管支喘息・花粉症など)

 

プラセンタ成分の最大の特徴である成長因子が、健康効果に貢献しているといえるかもしれません。

 

精神の安定、ホルモンのバランスを整える効果(更年期障害・自律神経失調症・うつ病・生理痛・生理不順など)

女性はホルモンバランスにとても左右されます。
女性ホルモンが乱れると、生理不順・生理痛・不正出血・月経前症候群・不妊・自律神経失調症・更年期障害・肌荒れ・ニキビなどの症状が出てきます。
昼間に動いているとき働く神経を交感神経といい、夜間などの安静にしているときに働く神経を副交感神経といいます。
この2つの神経のバランスのことを自律神経と言います。
日常生活の中では、精神的ストレスや身体的ストレスがかかっています。

 

ストレス

ストレスが過剰になってしまったり、夜更かしや食生活の乱れなどの不規則な生活、更年期障害により女性ホルモンの分泌が急激に減ることによって、交感神経と副交感神経がうまくバランスが取れなくなり自律神経が乱れることがあります。
自律神経が乱れることによって、自律神経失調症・神経性胃炎・過敏性腸症候群・メニエール病・過呼吸症候群などの症状が発症してしまうことがあります。
このような症状にも、プラセンタの体の不調な個所を修復して健康な状態に回復させるという作用により、自律神経の乱れやホルモン分泌量のバランスの乱れを調整してくれます。

 

炎症を抑え、壊れた組織の修復を促進する効果(傷、やけどの跡)

修復効果

ニキビが気になりついつい潰してしまって、結局潰したところが傷になりニキビ跡ができ、潰さなければよかったと後悔をしたことがあるのではないでしょうか。
ケガをしたところも子供のころはすぐに治ったケガや傷跡も、加齢とともに治りが遅くなり傷跡が残ることもあります。
傷ができるとまず血が出てから止まり、そのあとに炎症をおこします。
炎症は傷ができたときの雑菌や細菌など取り除き再生するための反応ですが、炎症が長く続くと傷が膿んできたり痛みも強くなってきます。
このような傷の炎症を抑えてくれる作用が抗炎症作用です。
体に傷ができたとき、体の中では血液を固まらせて雑菌や細菌と闘うために、赤血球・血小板・白血球などの血液が働いています。
このようなときにもプラセンタはこの血液の働きをよくするための新しい血球を作ることができる造血作用があるため、傷の治りをよくする効果が期待できるのです。
このようにして傷が治っていくのですが、このように治癒力を高めるためにはたくさんの肌組織の成分や血液の成分、これらを運ぶための血行のよさが必要になってきます。
プラセンタには血行促進などの作用もあるので、傷を治すための手助けとしての効果が期待できます。
また造血作用によって女性に多い貧血の改善にも期待ができるのです。

 

病気に対する抵抗力を高める効果(風邪をひきやすい)

日々の生活の中にある精神的ストレスや身体的ストレスなどからくる疲労が体に溜まってくると、免疫力が低下してきて体調を崩しやすくなります。

ストレスに負ける

免疫力の低下には肝機能が関係しており、血液の中にあるウィルスや細菌、異物などがある場合に解毒作用により綺麗な血液にし、血液循環により栄養素や酸素を運び体の疲労などを軽くしてくれます。
肝機能が低下すると解毒作用がきちんと働かないため、血液循環による栄養素や酸素が体に運ばれなくなるので、体が栄養不足の状態になり免疫力が低下するのです。
免疫力が低下して風邪をひいてしまったときに、病院へ行くと薬を処方されますが、薬剤師の方の薬の説明で「症状を緩和します」と言われます。

 

よく考えてみれば風邪の薬を病院で処方される場合、症状は緩和できても、免疫力や自然治癒力を高めて病気を早く治すことのできる薬を処方されることはありません。
プラセンタには血行を良くし、細胞の修復や再生をする作用があるので、機能が低下してしまった肝臓も、細胞が活性化されて新しい細胞に生まれ変わり、肝機能が修復され解毒作用も正常に働くようになるので免疫力や自然治癒力も上がり、風邪などをひいてしまったとしても、薬ばかりに頼るのではなく本人の自然治癒力によって病気に負けない身体を作る効果が期待できるのです。

 

抗アレルギー作用による体質改善を促す効果(アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎・気管支喘息・花粉症など)

アレルギー

アレルギーとは体の免疫機能が、食べ物や花粉などの本来は体に害のないものに対して特別な抗体を作って、過剰な反応を起こすことです。
過剰な反応を起こすことによって体内ではヒスタミンが放出してしまい、くしゃみや鼻水、目のかゆみといったアレルギー反応が出てしまいます。
人によって食べ物や花粉、動物、ダニやほこりなど、反応するアレルゲン(アレルギーを起こす物質のこと)はさまざまです。
アレルギー症状はひどい場合にはアナフラキシーショックを起こしてしまうこともあります。
アナフラキシーショックとは症状が出てから短時間で全身にアレルギー反応が出ることで、血圧の低下や意識障害などで心肺停止になることもあります。
このようなアレルギー症状に対しても有効なのが、プラセンタ特有の成長因子が細胞の再生を促進させて、異常なリンパ球(アレルゲンを異物として攻撃をするリンパ球(リンパ球とは白血球の一種で免疫機能を担当している血液細胞のことです)内の免疫細胞)が、アレルゲンを排除すると言われています。
この成長因子によりアレルギー体質自体が改善されると言われています。
効果があるとされる症状には、アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎・気管支喘息などがあり、異常なリンパ球が原因で起こる疾病で潰瘍性大腸炎や慢性関節リウマチなども症状が改善すると言われています。

 

継続

このように、プラセンタにはよく知られている美容効果だけでなく、たくさんの健康効果もあり、毎日コツコツと摂取し続けることにより、身体に関する悩みにも効果が期待できます。

 

プラセンタは体の内側からさまざまな症状を改善していってくれるので、生活習慣を整えることによって美容にも健康にも効果が実感できるでしょう。