ダイエットをしてもなかなか結果が出ないのはなぜ?

最近町を歩いている若い男性や女性を見て思うことはありませんか?

スタイルがいい

細くて脚が長い、女性は胸が大きい

 

近年西欧型のプロポーションの人が増えています。
結果少しでも人並みのプロポーションから外れてしまうだけでダイエットという言葉を口にする人は少なくありません。
遺伝などを含め一概には言えないのですが、基本太る仕組みは次の通りです。

 

消費するカロリー<摂取したカロリー =太る

つまり毎日過ごしていく中で食事を摂りますよね。
でもそのカロリーが1日に消費するカロリーを上回ってしまうと蓄積され、太っていってしまうのです。
単純に考えれば摂取するカロリーを減らせば痩せられるということで食事抜きにすれば痩せます。
しかしそれが体にとって不健康であることは誰もがわかることで食事抜きダイエットを試みる人はほとんどいないでしょう。
ではみんなどんなダイエットに挑戦しているでしょうか?

 

体重計で体重管理

  • 食事制限をして体重を減らす
  • 運動をするためジムに通ったりウォーキングをする
  • ダイエットサプリを飲みまくる
  • ○○ダイエットに挑戦をする(例:りんご、納豆など)
  • サウナやホットスーツで汗をかきまくる

 

上記のことをダイエット項目して励んでいる人が多いようです。
ですがダイエットが続かなくて、またはダイエットにチャレンジしていても結果が出なくて悩んでいる人はいませんか?

 

ダイエットをしていて結果が出ないのはなぜなのでしょうか?

 

ダイエットを健康的に続けるにはどうしたらいい?

なかなかダイエットで結果を出すのは難しいとされますがいったいどうしたらいいのでしょうか?
消費するカロリーと摂取するカロリーのバランスがポイントになるでしょう。
いわゆるカロリーコントロールが重要な点となります。

 

また消費カロリーと一言でまとめていますが消費カロリーは3つに分類されます。

 

  1. 基礎代謝
  2. 生活活動代謝
  3. 食事誘導性体熱産生

 

基礎代謝

筋肉量で基礎代謝量もアップ

何もしていなくても呼吸や心臓が動いているだけで消費されるカロリーのことを言います。
生きていくために必要最低限の消費カロリーとされていて、全体の70%をこの基礎代謝が占めています。
また基礎代謝量は年齢や性別などで平均基礎代謝量が出されていて、その人によって異なります。
その人の筋肉量によっても異なり、体重に対しての筋肉量が多ければ基礎代謝量も増加します。

 

生活活動代謝

ランニングで生活代謝量アップ

日々の生活の活動で消費されるカロリーのことで全体の20%を占めます。
歩いたり掃除をしたりする活動や、スポーツや運動をして消費する分も含まれています。
いつもエレベーターを使う所を階段に変えるなど日々の生活を少し意識を変えて活動するだけで生活活動代謝量が増えるでしょう。
逆にデスクワーク中心の人はこの生活活動代謝が低くなるでしょう。

 

食事誘導性体熱産生

食事する女性

食事の消化や吸収などで消費されるカロリーのことで全体の10%をしめています。
例えるなら食事を摂っていると体が熱くなったり汗をかく反応のことを言います。
この食事誘導性体熱産生を高めるのは何だか難しいように感じますが、実は食事の仕方や食事をする時間によって高めることができるのです。
食事の時によく噛んで食べることによってエネルギーを使い、カロリーを消費することができます。
よく噛むことでホルモンが分泌されて満腹中枢を刺激することで食欲を抑えることができるとされています。

 

このように3つの代謝がありますが驚くことに体を動かして消費する生活活動代謝が高いほどダイエットに期待が持てるのかと思っていたら違ったのです。
何といっても基礎代謝量が大きく関係しているのです。

 

自分の体重(kg)×30=消費カロリー

 

この計算によって自分の基礎代謝量を計算することができます。
基礎代謝の中でも筋肉量が多い人は基礎代謝量が高く、老化減少を含め筋肉量が少ない人は基礎代謝量が低いといえるでしょう。

 

実は肝臓の機能が正常であるかどうかによって基礎代謝がアップするといわれています。
肝臓が弱っていたり正常に機能しないとなかなkダイエットにつながる代謝のいい体を作ることはできません。

 

馬プラセンタはなぜダイエットと深い関係がある?

プラセンタには薬理作用として基礎代謝の向上作用があります。
⇒プラセンタにあるたくさんの薬理作用を
知りたい方はこちら

この作用によって私たちの体は基礎代謝を上げて体の内側から改善することができるとされています。

 

プラセンタの薬理作用が関係

 

またプラセンタに配合されている成長因子が体内の細胞に働きかけることで血行促進や自律神経調整などがされます。
その結果体の隅々血液がいきわたりあらゆる細胞に酸素と栄養素を運ぶことができ、細胞の若返りに期待がもてるのです。
体が若返ることで基礎代謝量はアップされるためダイエットにも期待が高まるでしょう。
自律神経が調整されることがダイエットにも関係するか気になる点ではありますが、自律神経は代謝そのものをコントロールしているので乱れていることで代謝が落ちたり、暴飲暴食をしてしまったりとダイエットからほど遠くなってしまいます。

 

 

そしてダイエットと最も深く関係しているプラセンタにはアミノ酸が含まれています。

ダイエットにはアミノ酸が深く関係

このアミノ酸の存在がポイントとなります。
ジムなどに通っていたり運動をする人は知識として知っているかもしれませんが、運動をする前にアミノ酸を摂取することによって脂肪が燃えやすくなるという効果があります。
運動前におすすめドリンクとしても脂肪を燃やすアミノ酸系飲料がありますよね。
このアミノ酸がダイエットに必要不可欠な成分なのです。
プラセンタの中でもわずかな差ではありますが馬プラセンタが多くアミノ酸を含んでいるとされています。
必須アミノ酸であるバリン・ロイシン・イソロイシン・メチオニン・リジンの5種類はダイエットに効果的とされているアミノ酸です。
必須アミノ酸は体内で作ることができないアミノ酸であるため外部からの摂取が必要となる成分なのです。
⇒馬プラセンタに含まれるアミノ酸について
詳しくはこちら

 

そんなアミノ酸を多く含んでいる馬プラセンタこそがダイエット効果に大いに期待が持てるでしょう。

ダイエット成功への近道

 

もちろん馬プラセンタを摂取しているだけでダイエットが成功するというわけではありません。
飲んだからといってみるみる痩せていく…なんてことはありません。
健康的に体を動かすことにプラスして馬プラセンタを摂取することがあなたのダイエットをサポートしてくれると思います。

 

 

健康的なダイエット成功への近道

カロリーのコントロール
有酸素運動を積極的に行う
馬プラセンタサプリを摂取する

 

ダイエット成功へも近道であり、馬プラセンタサプリを摂取することで美肌や美髪など若返りに期待が持てるので一石二鳥といえるかもしれません。

 

プラセンタサプリは痩せやすい体を目指すことが目的?

プラセンタサプリがダイエットと深い関係があることは理解していただけたと思いますが、ここで勘違いはしないようにしてください。
というのもプラセンタサプリを摂取しているから痩せる、ダイエットできるというわけではありません
痩せやすい代謝のいい体をつくることが目的として考えてください。

 

またプラセンタ効果の中に「食欲増進作用」が含まれています。
つまりプラセンタサプリを摂取することで食欲が出てきてしまう、健康的に食事が食べられてしまう・・・なんてことも考えられます。
ダイエットには少々マイナスのように感じる点ではありますね。

 

そこはカロリーや糖質が低いものを食べて上手に付き合っていきましょう。

カロリー摂りすぎ注意

例として

  • ヨーグルト
  • 寒天
  • こんにゃく
  • 豆腐

 

プラセンタサプリを摂取することで10代のころのような代謝がいい体に近づけると考えるのがベストでしょう。
プラセンタサプリを摂取するだけで痩せることはできないので、代謝のいい体に近づけてプラス運動や食事制限をしていくことで理想のプロポーションになれるかもしれません。