ストレスによってアトピーや喘息の患者が増加中って本当?

アレルギーに対して敏感になっている現代、そんな中アトピーや喘息を患っている人が増加している現状があります。

アレルギー体質にアレルゲン

アレルギーとは外部から体内に入ってきたウイルスや細菌を異物と判断して身体に備わっている免疫反応が過敏に反応してしまい引き起こされる疾患のことを言います。
私たちの体内には日常生活を送っていくうえで様々な有害物質が侵入してきます。
有害物質となるものに含まれるのが空気中のウイルスや細菌など、またダニやほこりなどで抗原と呼ばれるものです。
抗原が体内へ侵入をしてくることで、免疫細胞が抗原と戦うために抗体を作るように命令を出します。
抗体は体の中に1回できると細胞の中に記憶されることによって再び同じ抗原が侵入してくるたびに、抗体をつくりだし体を守る免疫反応を起こします。
人間の身体って素晴らしいですね。

 

ところがこの免疫反応が何らかの原因によって過剰に反応してしまい、そのことにより抗体が過剰に生産されてしまいます。
すると守ってくれるはずの抗体が自分の体を攻撃して細胞を破壊してしまうのです。
これがいわゆるアレルギーといわれるもので、アレルギーが原因で起こると考えられている病気の代表的なものがアトピー性皮膚炎や気管支喘息です。

 

これらのアレルギー疾患を起こす人は遺伝的な要素が大きく、体質と深く関係があるとされています。

アレルギーの要因にストレス

よって子供のころに発症していてもだんだん大人に近づくにつれてその症状が緩やかになるとされますが、近年大人が発症するケースが増加しているのです。
その原因がストレスや環境の変化とされているのです。
衣食住の欧米化に伴い環境の変化が深く関係していて免疫そのものが弱くなってしまっていることが要因となっています。
またストレスが多い現代にはアレルギー疾患での要因にもなってしまうのです。
近年では食物アレルギーという疾患も増加してきているのが現状です。
アレルギー疾患において現代の最新の医学においてもはっきりと解明されていない分野といえるため完治するための完璧な治療が見いだせていないのです。

 

アトピー性皮膚炎と気管支喘息の症状はつらい

アトピー性皮膚炎と気管支喘息は同じアレルギー疾患ですが大きく分けると、そのアレルギー反応が皮膚に出るとアトピー性皮膚炎、気管支に出ると気管支喘息といえます。
アトピー性皮膚炎の症状としては肌の表面が赤くなったり、腫れたりカサカサしたり、なんといってもかゆみを伴うことが大いにあります。

アトピー性皮膚炎

かゆみは本当につらくかいてもかいても収まらないという症状にまでなってしまうこともあり、中には眠れないほど重症化する皮膚炎でもあります。
また衣服の素材や汗や皮脂によっても引き起こされてしまうのです。
アトピー性皮膚炎の場合その多くは肌のバリア機能が弱く、乾燥している状態のためより抗原となるものが体内に侵入しやすい状態になってしまっているのです。

 

喘息の症状としては抗原となるものが気管支に侵入することによって気管支の粘膜が刺激を受けて炎症を起こします。

気管支喘息

すると気道が狭くなり粘膜が分泌されてさらに気道が狭くなり呼吸が苦しくなってしまいヒューヒューしたりゼーゼーと咳き込んだりする発作の症状を招いてしまいます。
症状が軽度であっても常に息が苦しかったり、重度の場合は胸が痛くなったり苦しくなったりするなどの症状があります。

 

これらのつらい症状に関係が深い抗体がIgE抗体といわれるものです。
このIgE抗体は皮膚の下にあるリンパ腫の一種である肥満細胞の表面に存在しています。
体内にアレルゲンとなる抗原が侵入してくるとそれと結合をして抗原抗体反応を起こします。
結果肥満細胞は刺激をうけて壊れてしまい、そこから細胞内にある かゆみを引き起こすヒスタミン気管支喘息の発作を発症させるロイコトリエンという物質が外に放出されてしまうのです。
アレルギー体質の人はこのIgE抗体の量が多いためヒスタミンやロイコトリエンが大量に放出されてしまい、炎症作用も過剰に起こってしまうのです。
つまりこのヒスタミンやロイコトリエンが放出されないように抑えてあげることで症状が和らぐということなのです。

 

プラセンタ効果がステロイドに代わる救世主となる

アレルギー症状で特効薬となっているのがステロイドではないでしょうか?

アレルギーにステロイド

アトピー性皮膚炎でもこのステロイドを皮膚に塗布すると今までかゆかったかゆみが引いていくという素晴らしい薬です。
気管支喘息においても炎症を抑え咳を沈め呼吸を楽にしてくれるのがステロイド吸入薬や内服薬です。
ステロイドは副腎皮質ホルモンのことで、体内で作られているホルモンを人工的に作り薬にしたものを言います。
このステロイド、素晴らしい特効薬ですが使い方を間違えると副作用が出てしまうといわれています。
重要な体内で作られている成分を体外から与えてしまうことで体全体のバランスが崩れてしまいより免疫機能が阻害されてしまったり機能が低下してしまうなどの副作用が出てしまうといわれています。
だからと言って急にステロイド剤の使用を中止してしまうとリバウンド現象が起こりよりひどくなってしまうということもあります。

 

どちらも困ったことになってしまいます。
そこで救世主となるのがプラセンタ成分なのです。

プラセンタが救世主

ある製薬会社の実験によってプラセンタエキスがヒスタミンやロイコトリエンの放出を抑えられるという結果が出たのです。
その実験では微量のプラセンタエキスであっても驚くべき抑制効果があったと結果に表れたのです。
そして思い出してください。
プラセンタ効果には体の外も中も健康に促す効果があるのです。
まずはアレルギゲン、抗原の侵入を防ぐべきバリア機能を回復、そして強化しなくてはなりません。
そして先に述べた化学物質の放出を抑制することでアレルギーがおこりません。

 

ステロイド剤の場合はアレルギーが起こってしまった反応に対して対処しますが、プラセンタの場合はアレルギーが起こる要因の早い段階に対処することができるのです。
よっておのずとステロイド剤の使用を減らしていくことが可能になり、最終的にはステロイド剤が必要なくなるのです。

 

プラセンタの薬理作用

近年では医療業界でもプラセンタ効果に注目があつまり治療方針として導入している医院が増えてきました。
プラセンタ効果の場合は細胞に働きかけることができるため多くの作用を感じることができるのです。
⇒プラセンタ効果の薬理作用詳細はこちら

 

プラセンタサプリでは安全で緩やかに効果を発揮するので敏感なアレルギー体質の人にもおすすめできます。
症状が悪化する場合もありますので医師と相談しながらプラセンタ効果に期待していくことが望ましいでしょう。
プラセンタサプリは高濃度で安全な馬プラセンタサプリがお勧めです。